指田凪さん自慢料理!昼食には冷しゃぶ擬き|看護師・看護助手の求人・日常紹介サイト[パトリオット看護]

ホーム >  料理 >  昼食 > 指田凪さん自慢料理!昼食には冷しゃぶ擬き


冷しゃぶ擬きとはどんな料理なのか

この料理に必要な材料

冷しゃぶ擬きを作るのに必要なのは、食べたい野菜と食べたいお肉だけです。後は、お鍋と塩コショウなどの調味料や調理道具だけです。簡単に作れますし作り置きも出来ます。

 

調理方法

まず鍋に入れる食材を全てキッチンに準備します。自宅で作る人が多いと思いますが、食材を冷蔵庫に入れっぱなしで作りながら取り出すのは止めましょう。火事などの素になりかねないからです。料理をしている時は、調理を全力で行いましょう。それでは調理法を紹介〕します。1人用であれば鍋に水を入れて沸騰させます。水がお湯になるまでに鍋に入れる野菜を一口サイズにカットします。その後、お肉もカットします。鍋が沸騰して来たら少し弱火にします。そこへ固い野菜から入れていきます。そして柔らかくなってきたらお肉を入れます。お肉は長く茹で過ぎると固くなるので時間を調整しましょう。カロリーなどを考えている人は、お肉を牛や豚ではなくて鳥の胸肉を適用するよりヘルシーになります。

 

なぜ昼食に適しているのか

このメニューだけが昼食に適している分けではありません。夜に食べてもヘルシーですし、朝に食べる時は、ドレッシングでいただけるようになります。これは、午後からの業務にお肉でも食べてしっかりしなければいけないが、おかずの味が濃ければ昼からの業務に支障が出てしまいます。だからアッサリした冷しゃぶ擬きが良いのです。

Copyright© 2017 看護師・看護助手の求人・日常紹介サイト[パトリオット看護] All Rights Reserved.