長野県在住の木田鮎見さんがおお好み焼きを紹介|看護師・看護助手の求人・日常紹介サイト[パトリオット看護]

ホーム >  買い物 >  長野県 > 長野県在住の木田鮎見さんがおお好み焼きを紹介


おお好み焼きの概要

関西の粉物を代表する物といえばお好み焼きとたこ焼きの2つがあると思います。「おお好み焼き」店主である大原優子さんが8年前に大阪の難波から長野に引っ越してきてから開店した大阪本場のお好み焼きが食べられる店です。お好み焼きは、大阪風と広島風が存在していますが、この店では完全な大阪風のお好み焼きだけを販売しています。

 

流行りの詳細について

木田鮎見さんが働く病院の看護助手たちの間で流行中

この店の近くには、病院があります。その病院の看護師たちの中で最近流行っているのは、ヘルシーな肉なしお好み焼きです。お肉がないので女性に大人気です。大好きなお好み焼きは食べるが動物系の脂をできれば摂取したくないという女性が多いという今の流行が人気の秘訣だと思います。店主が聞いた話しでは、看護師は仕事がハードだから体力をつけないといけないけれど、お肉を食べる習慣が最近の若い人には無いようで、野菜ばかりを欲しがる人ばかりのようです。

 

木田鮎見さんが個人的に好きな理由

私は、高校生の時に関西へ修学旅行に行きました。その時に出会ったのがお好み焼でした。野菜がとても多くヘルシーな食べ物は関東では会ったことがなくて、最初に食べた時から自分の中のマイ ベスト フードになったのです。野菜だけを食べるのではなく、お肉が入った豚玉や魚介類が入った海鮮お好みは本当に驚きました。見た目だけではなく味も本当に美味しくて気分的には最高でした。

Copyright© 2017 看護師・看護助手の求人・日常紹介サイト[パトリオット看護] All Rights Reserved.